RunBike Fun Japan

No RunBike No Life. Thanks For All RunBike Fan!!

Home » お知らせ » ゆっくり走れば速くなるっ!

アクセスありがとうございます。

ランバイクの次をそろそろ検討している方々へ今回はタイトルの件のトレーニング理論についてご紹介します。

タイトルの「ゆっくり走れば速くなる」本当なのか?

速く走る練習を何度もしないと速くなれないのではないか?

と普通は思う方が多いかと思います。

しかし、実はゆっくり走ることで速くなることができるんです。

その理論の裏付けとして、ゆっくり走ることで体中の毛細血管が発達していき、筋肉中へ多くの酸素を送り込むことが可能になるため、速く走れるカラダができあがるのです。

この理論による効果についてはマラソンの小出監督、浅井えり子さん、佐々木功さんなどが同様の書籍を出しており持久系スポーツの中では練習に多く取り入れられています。

海外でもマフェトン理論と言われ、ゆっくり長時間有酸素運動を継続することで速くなることを説いてる方がいます。

マフェトン理論

この理論は特にマラソンに特化することなく、自転車でも同様となります。

自転車は自分の体重の負荷をハンドル、サドル、ペダルに分散することができ、カラダに負担の少ない運動を長時間行える乗り物です。

長時間とは言っても子供達の疲労具合は親はわかりませんので、適度に休憩させたり、水分補給を行って、ゆっくりサイクリングなど行う時間を増やすのもいいかと思います。

それではHappy Cycling Lifeを!!

Comments are closed.

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • mixi
  • Youtube

Twitter updates

No public Twitter messages.

Sponsors

  • これからは楽天の太陽光発電!!
  • カードで支払えば楽天スーパーポイントがさらに貯まる!!
  • 日本未発売カラーも取り扱い!大人気のナットケース
  • ストライダーカスタム・大人気カラーホイール