RunBike Fun Japan

No RunBike No Life. Thanks For All RunBike Fan!!

Home » お知らせ » ランバイクと自転車の決定的な違いとは?

アクセスありがとうございます。

久しぶりの更新!!

某所でも書いてますが、こちらでも。

今回はランバイクと自転車の決定的な違いについて少し書きます。

はい、ペダルやチェーンやブレーキが無いのが最大の違いです!!!(きりっ)

・・・というのは冗談で(笑)。

実はバランス感覚を養う上での最大の違いがあるんです。

ランニングバイクと自転車の乗車スタイルは確かによく似ています。
2輪であり、ハンドルを握り、サドルにまたがるところまでは。

「ボディバランスの向上」においては圧倒的に自転車に軍配があがります。

ちょっと乗車中の動作を頭の中でイメージしてみてください。

ランニングバイクの乗車中はサドルに乗って漕いでる(地面を蹴ってる)ます。
その場合、自身を支えるのに必要な接地面は、前後の車輪と交互に片足が地面に接地します。
つまり、自分自身を支えるために必要な支点は、3〜4点ということになります。

では、自転車の場合、足はペダルにあり、地面に接地しません。
そうです、自転車の接地面は前後の車輪のみの2点です。

自転車は傾かないようにするにはペダルを漕ぎ続けることはもちろんですが、
上体のバランスを上手に使って重心移動という動作が必要になります。
いわば振り子のような動きです。
この動作はボディバランスを身につけるのに非常に効果的です。
サッカーやバスケットボールなどの別のスポーツを行うにあたっても相手の上半身で妨害されない姿勢を取るのにボディバランスは非常に有効です。

ランバイクもいいけど、自転車も乗れるようになったら、ガンガン自転車に乗せてあげましょう。

ランバイク卒業してもレースには出たいと言う方も多いと思います。
未就学児の自転車レースやマラソン大会も最近はありますので、是非参加してみてください。

そんな自転車レースやマラソン大会の情報を以下のページにまとめております。

Multi Athlete Kids Club

それでは良きHappy!Next Runbike Life!!を!

Comments are closed.

  • RSS
  • Facebook
  • Twitter
  • mixi
  • Youtube

Twitter updates

No public Twitter messages.

Sponsors

  • これからは楽天の太陽光発電!!
  • カードで支払えば楽天スーパーポイントがさらに貯まる!!
  • 日本未発売カラーも取り扱い!大人気のナットケース
  • ストライダーカスタム・大人気カラーホイール